外部ビューワ

「外部ビューワ」メニューには以下の項目が収められています: File Edit View Options Help Play All Play From Current Position Stop Viewer Settings 最初から再生現在位置から再生再生を停止ビューワの設定

外部ツール全般に対する操作と設定を行うメニューのグループです。

呼び出すアプリケーションは、ツールバーの外部ツール選択枠 (カスタマイズ可能なドロップダウンリスト) から選択します。

再生や停止は、ツールバーのボタン (最初から再生・現在位置から再生・再生を停止) と同じ機能です。

  • 外部アプリケーションの呼び出し機能を実行するには Internet Explorer 4 以降が必要です。Windows 98 以降は Internet Explore 4 以上を標準搭載しているので、古い Internet Explorer を導入する必要はありません。
  • 各操作の実行結果は、アプリケーションによって異なる場合があります。一部のアプリケーションは、3 つの操作枠に対して特殊な操作を割り当てます。

最初から再生

現在開いている譜面を #000 小節から再生します。

bmse_viewer.ini の書式が妥当でない等、なんらかの理由でアプリケーションを呼び出せない場合、再生や停止メニューは選択できません。

メニュー項目がグレーアウトします。

  • この場合、ツールバーのビューワ操作アイコンもクリックできません。最初から再生・現在位置から再生・停止の各アイコンがグレーアウトします。 もちろんショートカットキー F5F6F7 も機能しません。

現在位置から再生

現在開いている譜面を、現在メインパネルに描画されているうち、最も先頭側の小節から再生します。1 pixel でも描画されていれば、その領域を含んでいる小節から再生します。

再生開始位置の例

#000 (Home キー押下直後の状態なら、#000 から再生します。)

#000 (#000 からメインパネルをわずかに先にスクロールし、#000 の一部分が見えている状態なら、#000 から再生します。)

#000 (#000 と #001 が非常に長く、メインパネルに #000 の一部分と #001 の一部分だけが見えている状態なら、#000 から再生します。)

#004 (短縮された小節が密集していて、描画範囲内の最下ピクセルにごくわずかに #004 が見えている状態なら、#004 から再生します。)

#001 (#001 が長すぎて #001 しか見えない状態なら、#001 から再生します。)

再生を停止

ビューワが再生状態なら停止します。ビューワが呼ばれていなければ呼び出して待機します。

ビューワの設定

BMSE から呼び出す外部アプリケーションの設定を行います。


ビューワの設定

ビューワの設定には専用のウィンドウが用意されています。

ビューワを含む外部アプリケーション全般について、「BMSE から呼び出す際に適用する設定」を編集するウィンドウです。ここで編集した設定は、【OK】ボタンから閉じたとき bmse_viewer.ini に保存されます。

「ビューワの設定」はモーダルなダイアログボックスです。「ビューワの設定」を閉じるまで、BMSE メインウィンドウの操作は行えません。

設定リスト

ビューワ設定ウィンドウの半分を占めるリスト。

現在登録されている外部ツール設定の一覧です。ここで選択した各リスト項目に対して、項目名、実行ファイルのパス、引数を設定します。

このリストの項目は、ツールバーの外部ツール選択枠にそのままドロップダウンリストとして使われます。

リスト項目は自由に変更・削除・追加が可能ですが、リスト項目に対する追加・削除・順番変更などの編集は、bmse_viewer.ini から直接行うことを強くお薦めします。「削除」ボタンは使わないでください

  • リストの一番下にある項目を選択して「削除」ボタンを押すと、選択されているリスト項目が削除されるだけでなく、リストカーソルそのものも消滅します。この状態でリストを操作しようとすると、BMSE が強制終了します (バックアップ譜面は作成されません)DDR の頁に例があります

  • リストの項目を選択して「削除」ボタンを押すと、リストは削除後の状態に更新されますが、ウィンドウ右半分には削除前の状態が残り続けます。これに気付かないまま「OK」ボタンから変更を保存すると、「削除対象の次の位置に並んでいた項目」の設定内容が失われます。以下に例を示します:

    1. uBMplay の設定を削除しようとして、リストから uBMplay を選択

      リスト プロパティ
      uBMplay uBMplay の設定内容
      WAview WAview の設定内容
      nBMplay nBMplay の設定内容
    2. uBMplay の設定をターゲットして「削除」ボタンを押した後

      リスト プロパティ
      WAview uBMplay の設定内容
      nBMplay nBMplay の設定内容
    3. 設定内容の改竄に気づかずに「OK」ボタンを押した後

      リスト プロパティ
      uBMplay uBMplay の設定内容
      nBMplay nBMplay の設定内容

    「『削除』ボタンが、結果的にターゲット項目のの項目を削除すること」を理解したうえで使うなら構いませんが、事故にご注意ください。

  • bmse_viewer.ini を直接編集することは、「削除」ボタンを使うよりもはるかに安全・確実です。ただし、書式を守らないとやはり不具合が発生するのでご注意ください。(編集例)

表示する名前

設定リストと外部ツール選択枠に表示する名前を指定します。

これは各リストアイテムの識別名に過ぎないので、必ずしも対象アプリケーションと同名でなくても構いません。ただし値が空の場合、不具合が発生します。たとえば、再生や停止が選択不可能になります。

「追加した項目の名前」が「既存の名前」と重複する場合、設定を追加・保存しても反映されないときがあります。反映されるときもあるようなのでよくわかりませんが、重複する命名は避けるほうが無難です。

実行ファイルのパス

対象アプリケーションの実行ファイル (*.exe) の場所を指定します。

アプリケーションのドキュメントに特に注意書きがない限り、指定はフルパスでも相対パスでも構いません。値が空なら不具合が発生します。たとえば、再生や停止が選択不可能になります。

パスが正しくない場合、アプリケーションを呼び出すことができません。階層の分離符にスラッシュ (/) を用いると、「参照」ボタンが反応しません。

引数 (ひきすう)

BMSE から外部アプリケーションへ渡される引数を指定します。

uBMplayWAviewnBMplayBMEVBMS Viewer に対しては、BMSE 側で最初から引数が設定されています。通常は変更する必要はありません。引数の詳細は、各アプリケーションのドキュメントを参照してください。

以下の BMSE 固有の特殊引数は、BMSE が外部アプリケーションを呼び出す際に、自動的に置換されます。

<filename>

未保存かもしれない編集中の譜面を外部アプリケーションが処理できるようにするために、BMSE は編集中のディレクトリ___bmse_temp.bms を一時的に生成します。BMSE が対象をまだ一度も保存していないなら、___bmse_temp.bmsbmse.exe の同位に生成されます。

引数 <filename> は、この ___bmse_temp.bms のパス文字列に置換されます。パスが空白を含むなら、パス文字列全体が自動的に引用符 (") で括られます。

  • iBMSC や μBMSC も、BMSE と同様の用途のために、一時的な譜面 “___TempBMS.bms” を生成します。ただしファイル名に置換するための特殊引数は "<filename>" のように引用符つきで指定しなければなりません。

  • 公開された BMS 作品のフォルダ内に、___bmse_temp.bms が残っている例が少なくありません。この一時的な譜面は、通常なら編集終了時に破棄されますが、BMSE が異常終了した際はバックアップ用に残されます。バックアップの後始末を怠ると、作品の内容に関してユーザを当惑させるでしょう。

<measure>

現在表示している小節番号、つまり「現在メインパネルに描画されているうち、最も先頭側の小節」の番号に置換されます。