WAview はやや特殊なので、専用の頁を設けています。

  1. 概要と目次
  2. WAview
  3. 動作環境
  4. BMSE と連携する際の注意点
  5. BMSE からの起動が遅すぎる

Winamp のプラグインである In_BM (Ver 1.xx) と連携するビューワです。In_BM 2.xx 系で WAview を使うことはできません。

WAview を利用するには Winamp [https://www.winamp.com/] (外部リンク) 2.xx または 5.xx が必要です。ヘルプ筆者は以下の環境で Winamp との連携を確認済みです。

  • Windows 2000 + Winamp Full 2.91 + v2.91 日本語化キット第二版 [http://win32lab.com/fsw/wpjkit/download.html] (外部リンク)
  • Windows XP + Winamp Lite 5.63 の Classic スキン (この頁の画像)
  • Windows 10 + Winamp Full 5.8 Build 3660 の Bento スキン

Winamp の豊富なプラグインを活用し、BMS をリッチな環境で鑑賞する用途で本領を発揮するソフトです。譜面編集にはそもそも向いていません。

WAview (In_BM) は、再生されるべき音声波形を事前に算出して再生することができます。他のビューワがまともに鳴らせない “量子化譜面” も、きわめて正確に再現します [https://hitkey.nekokan.dyndns.info/diary1605.php#D160509] (外部リンク)


WAview

Winamp Lite 5.63 + in_BM 1.17 + WAview + BMSE 1.3.8

http://nickle.ath.cx/~softlab/in_bm/ (外部リンク) から Ver 1.xx 系の In_BM.zip をダウンロードして展開してください。

Winamp のインストール場所を変更していない場合 (32-bit OS)

C:\Program Files\Winamp\PluginsIn_BM.zip の中身をすべて入れてください。このとき Windows Vista 以降では管理者権限が必要です。

In_BM.txt と waview.txt は移動させなくても構いません。

この配置にした場合、『ビューワの設定』を行う必要はありません。初期設定値のままの BMSE から即座に WAview を呼び出すことができます。

Winamp のインストール場所を変更していない場合 (64-bit OS)

  1. In_BM.zip を適当な場所に展開し、wa_if.ini をメモ帳などで開きます。
  2. 半角英数字六文字を追記し、上書き保存してメモ帳を閉じます。

    C:\program files (x86)\winamp\winamp.exe
  3. C:\Program Files (x86)\Winamp\Pluginsに、書き換えた wa_if.ini を含む In_BM.zip の中身をすべて入れてください。このとき Windows Vista 以降は管理者権限が必要です。
  4. bmse フォルダの bmse_viewer.ini を開き、同様に追記します。

    C:\Program Files (x86)\Winamp\Plugins\WAview.exe

Winamp のインストール場所を変更している場合、または WAview を Winamp インストールディレクトリとは別の場所に置く場合

  1. どこかにあるWinamp\Pluginsに、In_BM.bmpIn_BM.dllIn_BM.exe を入れてください。場所によっては Windows Vista 以降は管理者権限が必要です。

    上記 3 ファイル以外の In_BM 内容物は他所に移動させて構いません。ただし WAview.exewa_if.ini は必ずペアにしてください

  2. wa_if.ini をメモ帳などで開き、winamp.exe のパスを指定します。ここには「ドライブの先頭から winamp.exe までのパス」を記述します。

    • 良い:D:\Winamp\winamp.exe
    • 悪い:..\Winamp\winamp.exe

    wa_if.ini がある場所によっては、wa_if.ini を上書きする際に管理者権限が必要です (Windows Vista 以降)。

  3. BMSE の『ビューワの設定』から、WAview.exe のパスを指定します。ここには「BMSE.exe から WAview.exe までのパス」も書けます。

GIF・JPEG・PNG 形式の画像を表示させたい場合

どこかにあるWinamp\Pluginsに、ifgif.spiifjpeg.spi [https://www.digitalpad.co.jp/~takechin/download.html] (外部リンク)ifPNG.spi [http://www.asahi-net.or.jp/~DS8H-WTNB/software/index.html] (外部リンク) などの Susie プラグインを入れてください。場所によっては Windows Vista 以降は管理者権限が必要です。

譜面上の定義名と、実際の画像ファイル名が、拡張子部分まで一致している必要があります。画像ファイルの拡張子と形式が一致していない場合 (たとえば PNG 画像だがファイル名が a.bmp) は、実際の画像形式に対応する Susie プラグインが In_BM.dll の同位にあるなら一応表示してくれます。

  • 表示される:#BMP01 a.png】 vs. 【a.png (image/png)】
  • 表示され#BMP01 a.bmp】 vs. 【a.png (image/png)】
  • 表示される:#BMP01 a.bmp】 vs. 【a.bmp (image/png)】

動作環境

対応 OS:

Windows 10/8.1/8/7/Vista/XP/2000

  • Windows ME/98/95 では音声のみが再生されます。
  • Windows 95 では Internet Explorer 3 以上が必要です。
[uBMplay 動作環境と共通] 別途必要なファイル:

Visual Basic 6.0 ランタイム (msvbvm60.dll)

DirectX 3 以降

  • uBMplay を導入済みならここで何かをする必要はありません。
  • Windows 98 以降には古い DirectX を導入する必要はありません。DirectX 5.2 以上が標準搭載されているからです。
別途必要なファイル:

vb6jp.dll

Visual Basic 6 Service Pack 6 ランタイムパッケージ [https://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se342080.html] (外部リンク) をインストールしたくない場合は、このパッケージを 7-Zip [https://sevenzip.osdn.jp/] (外部リンク) などで展開し、vb6jp.dll を取り出して所定の位置にコピーしてください。DLL の登録は不要です。

  • 32-bit 環境なら【C:\Windows\System32】に。
  • 64-bit 環境なら【C:\Windows\SysWOW64】に。
  • Windows 2000 なら【C:\WINNT\system32】に。
  • Windows ME/98/95 なら【C:\WINDOWS\SYSTEM】に。

BMSE と連携する際の注意点

WAview を 「現在位置から再生 (F6)・再生を停止 (F7)」 から呼び出すことはできません。まず最初に 「最初から再生 (F5)」 から呼び出しておく必要があります。

「現在位置から再生 (F6)・再生を停止 (F7)」譜面再生中のみ有効です。

譜面再生中であれば、Winamp メインウィンドウのシークバーからも再生位置を指定できます (シークバーをドラッグ)。再生や停止も Winamp から可能。

最初から再生・一時停止・停止などの操作も Winamp から行えます。


まれにパンの左右が逆転再生される場合があります。

単音ではなく曲全体のチャンネルが反転します。発生原因は不明ですが、シーク操作などで処理が遅延して復帰したらいつのまにか……というケースが多いようです。微妙に新鮮。たまに一部の音が鳴ったり鳴らなかったりもします。


Winamp を呼び出すつど、再生した譜面の同位に以下が生成されます。

  • BMSE の一時ファイル ( ___bmse_temp.bms )
  • WAview の一時ファイル ( ___bmse_temp.bms.bml )

後者は Winamp や BMSE を閉じても残ったままなので、手動で削除する必要があります


BMSE が譜面を何も読み込んでいない状態で 「最初から再生 (F5)」 を行うと、Winamp/WAview が強制終了します。

このとき BMSE.exe の同位ディレクトリに ___bmse_temp.bms.bml が生成されます。これも手動で削除する必要があります。


#LNOBJ xx 形式のロングノートは表示/再生されません。

In_BM.txt にはサポートしているようなことが書いてあるのですが、実際は LN 終端オブジェクトを定義するタイプのロングノートには対応していません。


BMSE からの起動が遅すぎる

ビューワとして呼び出すつど Winamp も起動する仕様なので、遅いのは仕方ありません。最も効果的な対処法は PC の適切なスペックアップです。

Winamp 側の設定を変更すればそれなりに高速化しますが、これは WAview の最大のメリットである多彩なプラグインの恩恵を切り捨てることにも繋がります。高速化を試される方はその点を踏まえたうえでどうぞ。

Winamp の高速化設定

Winamp のタイトルバーを右クリックして、【オプション → 設定】を選択します。(もしくは Winamp がアクティブな状態のとき、[Ctrl] を押しながら [P])

特定の操作に該当しない箇所なら、おおむね Winamp ウィンドウのどこを右クリックしてもコンテキストメニューを表示できます。

すると Winamp 設定ウィンドウが開きます。

各種プラグインの設定もここから行えます。

ここから各種設定を変更して、Winamp 本体の起動速度を稼ぎます。

  • 使わないプラグインやエージェント類の設定を無効化する
  • 表示が素早い、シンプルなスキンを使用する (classic など)
  • フルパッケージ版 Winamp ではなく、Winamp Lite もしくは非公式軽量化版の Winamp を最初から導入する
  • そもそもインストール時に余計なものを入れない
  • 使用する言語ファイルを無圧縮 zip にする

……などの方法があります。詳細は各自検索してください。

In_BM の高速化設定

Winamp 設定ウィンドウから In_BM の設定を変更できます。

各種プラグインの設定もここから行えます。

  1. 左側の設定項目から、『プラグイン』配下メニュー『入力』を選択
  2. 右側のリストから [In_BM.dll] を選択
  3. 下側の『設定』をクリック

すると IN_BM 設定ウィンドウが開きます。

このウィンドウに日本語を表示するには、Visual Basic 6.0 ランタイムのひとつ “vb6jp.dll” が必要です。詳細は動作環境を参照してください。

一概に推奨できる設定はありませんが、変更例を挙げておきます。

いくつかの設定を変更すれば、比較的軽快に動作するようになる可能性があります。

目的や環境次第で適切な設定は変わるので、各自で微調整してください。

IN_BM 設定ウィンドウは、WAview ウィンドウを右クリックして開かれるコンテキストメニューからもアクセスできます。

右クリックするとコンテキストメニューがポップアップします。