doubledepth

散らかったmemo

  • “PIXEL.Heart”の一部のKEY音が鳴らない状態でpackageに収録されています(*.ogg~)。

  • 第14回自称無名BMS作家が物申す!の開催に今頃になって気が付きました。BMS event関連まとめへの掲載がほぼ二ヶ月遅れたことになります。ごめんなさい。

    Event用siteはUTF-8 encodingが宣言されていますが、HTML fileそのものはUTF-16 (with LE-BOM)で符号化されており、Lynxなどは文字化けします。Yahoo! GeoCitiesが頁末尾に自動挿入するaccess analysis用のHTML tagsも、文字化けによって無効化されます(これは盲点でした)。

  • bms2bmson版)は"judge_rank""total"などの値を変換しません(値が実装依存だからかも)。BMSからBMSONへの変換を試みる図表著者は、これらの値を適宜書き換える必要があります。よくわからない場合は値として100を指定しておけばよいようです。

    on beatoraja 0.3.7
    BMSBMSON
    #RANK 0"judge_rank": 40
    #RANK 1"judge_rank": 70
    #RANK 2"judge_rank": 90
    #RANK 3"judge_rank": 100
    #RANK 4"judge_rank": 120

    そういえばDPBMSも変換されません。まあ1P側と2P側を別々にBMSONに変換して合成すれば済む話……と思いきやそう簡単でもなかった。

Pulsus 0.5.1に関する調査

正しく調査できていない可能性があります。有名でないtagsは調査しきれていません。

Support:

  • #WAV[00-ZZ] (#xxx[1-6DE][1-9]) // 現在は不可視notesは鳴らず、地雷は可視notesに置換
  • #BMP[00-ZZ] (#xxx04, #xxx06, #xxx07) // 現在はPOOR画像は表示されない
  • #BPM[01-ZZ] (#EXBPM[01-ZZ]), #STOP[01-ZZ] // negative-able
  • #TITLE, #ARTIST, #GENRE, #RANK [0-3], #TOTAL, #BPM, #PLAYLEVEL, #VOLWAV
  • wav, ogg
  • bmp, rle, png, gif, jpg,
  • mpeg-1, webm, mp4, およびその他の「FFmpegがsupportする動画形式」?
  • BMS, BME, BML, PMS, BMSON
  • 5k, 7k, 9k // DP列は自動的に他の列に割り振られる
  • #xxx[5-6]x (omissible #LNTYPE), #LNOBJ, #LNTYPE 2 // 一応MGQ形式も読む
  • #PREVIEW audioFilename // raindrop extension // 現在は構文解析のみ?
  • CP932, UTF-8|16|32 (BOM) // Non-ASCII String value / Non-ASCII filenames

ANSIではなくShift_JIS (CP932)だけを特別扱いするようです。最短表現でないUTF-8 sequenceやCESU-8は正しく除外されます。このへんiBMSCも同様なので、.NET FrameworkのUnicode関連libraryは無難。

Not support:

  • #RANDOM n, #IF n, #ENDIF, #ENDRANDOM // 構文解析は行われるが非対応
  • #PLAYER, #STAGEFILE, #DIFFICULTY, #SUBTITLE, #SUBARTIST, #BANNER, #COMMENT, #BACKBMP // 構文解析は行われるが非対応
  • mp3

わざわざ載せないけど#xxxA0#MUSIC#MAKER#SCROLLzzなども非対応。あとLots Of Spicesの追加差分のように極端な分解能を要求する図表を読むと、きちんと「無理」と知らせてくれます。

CommandLine Options:

SettingsParser.csに一覧があります。Pulsus -hの結果は以下の通りです:

Usage: Pulsus.exe [OPTIONS] CHARTFILE

Options:
  -h, --help                         Prints this
  --settings, --config               Opens configuration window
  --skin SKINNAME                    Skin override
  --debug                            Shows console window for debugging

  -p, --preview, -a, --autoplay      Enables chart preview mode (autoplay)
  -m VALUE, --measure VALUE          Starts the chart from measure number VALUE [0-999]

  --render OUTPUT.wav                Renders all audio of CHARTFILE to file
  --resample-quality [low|medium|high|highest]
                                     Changes resampling quality of audio samples
  --dump-timestamps OUTPUT           Dumps all generated note event timestamps of CHARTFILE

BMS/BMSON editorsから呼び出すことも可能ですが、より重要なことに、Pulsusは“bmson2wav”の変換を実行できる現在唯一のapplicationです。以下のように指定できます:

Pulsus.exe "D:\[BMSON]Goliath_ogg\Goliath_7kA.bmson" --render "D:\[BMSON]Goliath_ogg\Goliath_7kA.wav" --resample-quality highest

ただし現時点ではうまくいかないらしく、耳をつんざく雑音が出力されたりします。

あとなんやかんや試して設定が変わってしまった場合、settings.jsonを消すなり退避するなりすればdefaultの設定fileが自動的に生成されます。

日記

BMS関連

拙作BMS
bubble / hitkey
二次配布BMS
ノイズの海と鯨 / moka
PARTY TIME IN MY DREAM / HAIJI
BMSE非公式ヘルプ
Lite
Lite-online
Full
Full-online
buglist
iBMSC
Web (Japanese version)
issues
BMS差分
a­nal­gam
boléro
Ketch­up
quovadis
SELF
yellows
Do not use non-ascii filenames
雑多なメモ
bmsplayer data
bms benchmark
Secrets - Feeling Pomu 2nd
grid2sec
bmx2xxx
BMx Outliner
BMS command memo
BMS command memo (Japanese version)
BMS EVENT LITE
#RANDOM BMS list
BMS #OPTION command
BMS Bitmap test
Extended BPM
STOP Sequence
BMS Edge Cases
BMS extensions proposed by Sonorous (unofficial Japanese version)
BMS 2.0 (unofficial Japanese version)
BMS Editors
Do not use non-ascii filenames
BM98 Kikuchan Version 3.30 Revision #4.2

その他

HTML関連メモ
Dakuten on HTML
nest1000
EVS
Nervous Cascading
Source Han Sans test
User-Agent String
CSS Logical Properties