doubledepth

freett is gone

freettに関しては大部分を収集できたと思います(滑り込みでご助力いただきました、ありがとうございました!)。以下のように見逃してしまったresourcesもありそうですが、このへんはもう、仕方ないですよね……

http://page.freett.com/emon/の隠されたdirectory。http://page.freett.com/emon/menu.htmのHTML source codeに、隠されたdirectoryへの参照があった。http://page.freett.com/emon/aum/配下に、大量の文書・画像・音声filesが埋まっていた。

http://page.freett.com/hiro2/の誤った参照。Local resourcesが参照されているため、WebsiteのBanner画像が表示されなかった。画像自体はweb serverにuploadされていた。

http://page.freett.com/kobakuruse/bms/の壊れた画像。

Blink (Iron 49), Firefox 45.0.1:
広告が表示されなかった。画像も表示されなかった。
WebKit1 (Midori 0.5.11):
広告が表示されなかった。画像も表示されなかった。日本語部分が文字化けした。
Microsoft Edge:
広告が表示されなかった。画像は表示された。
Internet Explorer 11:
広告が表示された。画像も表示された。

広告を表示できるbrowserがIEだけになっている時点で詰んでいた。[追記] Firefoxの場合は私がJavaScriptを無効にしていたために広告が表示されないだけだった。Blink/WebKitの場合は、http://page.freett.com/_userJS/username.jsの読み込みに失敗していた。さておき、すくなくともWindows環境では、囲み数字壊れた画像を表示できるbrowsersはIE/Edgeのみだった。alt属性値があればFirefoxは代替textを表示してくれる。Blink/WebKitは何もしてくれないので、この段落では壊れた画像にRuby annotationを付けている。

画像を直接表示しようとするとFirefoxは警告する: 「画像ファイル"URL"は壊れているため、表示できませんでした。」

画像を使わない場合
No SPNSPHSPADPNDPHDPA SIZE
23 247369 3441KB
22 48104811 568KB
21 58106910 4030KB
縦書きのtable(枠線未調整)
No SPNSPHSPADPNDPHDPA SIZE
23 247369 3441KB
22 48104811 568KB
21 58106910 4030KB

フリーティケットシアターのみならずPF-X.netも3月末に終了

http://www.pf-x.net

PF-X.netも3月末に終了するそうです。

情報ありがとうございます! -45氏、BACO氏、nora2r氏の各siteや、“BM98 for the BEGINNER”などが該当します。収集家の方々は頑張ってください! 私はfreettの収集さえ間に合いそうにありませんが、粘れるだけ粘ってみるつもりです。日記を更新する時間も惜しいので、手短ですがこのへんで失礼させていただきます。

Physical vs. Logical

書字方向が変わるつどmarginpaddingborderの上下左右を再指定する地獄から解放してくれるFirefoxは神。Blink/WebKitは絶対位置指定に絡むtop/right/bottom/left相当の論理propertiesが見当たらない。

Trees IDS

: 🌲
: ⿰⽊⽊ Woods
𣏟
: ⿰ホホ HOHO
: ⿱⽊⿰⽊⽊ Forest
𣓏
: ⿱⿰⽊⽊⽊
: ⿲⽊⽊⽊
: ⿳⽊⿰⽊⽊⽊ Forest
𣛧
: ⿰⽊⿱⽊⿰⽊⽊
𣡕
: ⿱⿰⽊⽊⿰⿰⽊⽊⿰⽊⽊
𣡽
: ⿱⿰⿰⽊⽊⿰⽊⽊⿰⿰⽊⽊⿰⽊⽊
: ⿳⿲⽊⽊⽊⿲⽊⽊⽊⿲⽊⽊⽊

BMSかんじドリル

発想もWeb designも最高に素晴らしゅうございますMarkupにはいくつかの誤りがありますが、誰も困らないでしょう。そんなことより文字化け待ったなし

  • 八十文字のうち、「円学気」をBig5は使えません。
  • 八十文字のうち、「気」をBig5-HKSCSは使えません。
  • 八十文字のうち、「学気糸青虫」をUHC (ks_c_5601-1987)は使えません。

これら以外のencodingsと文字群の組み合わせは通用してしまいますGB2312で書かれた#TITLE 右は、一般的な日本語Windows環境では#TITLE モメに化けますが、これは失格になるのでしょうか。

BMSは𑖌のような数値文字参照の仕組みを持ちません。

BMSONはJSONなので、Unicode文字のescapeが可能なはずですが、基本多言語面の外の文字は代用対で表す必要があるはずです。たとえば𑖌なら、直接書くのでなければ\uD805\uDD8Cと書かなければなりません。

オムアギアナウエイソワカ

Om Agnaye Svāhā (Devanagari U+0900–U+097F vs. Siddhaṃ U+11580–U+115FF):
ॐ अग्नये स्वाहा
𑖌𑖦𑖿 𑖀𑖐𑖿𑖡𑖧𑖸 𑖭𑖿𑖪𑖯𑖮𑖯
Om Namo Nārāyaṇa:
ॐ नमो नारायण
𑖌𑖼 𑖡𑖦𑖺 𑖡𑖯𑖨𑖯𑖧𑖜

  (>o^)(^o^) 三(^o^)/ ヘ(^o^)ヘ

GENRE SHUFFLE 3評価期間が終了しました。現時点でのPackage関連状況を確認してみました。

LimeJuice in Dripper / Crimsona
Announceがありませんが、書庫自体がupdateされていたようです。以下の変更は修正差分に未収録。
  • added _readme.txt
  • added #TOTAL
  • fixed #DIFFICULTY
はなむけ / hurirai
以下の変更は、修正差分packageに未収録。図表やreadmeの更新日時は、修正版のほうが古い模様。
  • removed subtitles ([SP Another], [SP Hyper], [SP Normal])
  • fixed _readme.txt: そういったものを意識しています。
  • added _omake.txt
  • 1分を超えていた piano_reverb2.ogg の修正 ( === hurirai - hanamuke_rev.zip )
  • その他のogg群の再変換によるbyte sequences改竄
rebelliO 960 / DaDass vs abysalla
以下の追加図表は、修正差分packageに未収録。
  • added rebelliO 960 (mild).bme ( http://www1.axfc.net/u/3630599 )
sepia / ORC
Full Package版にて、なぜかWAV filesとOGG filesが大量に交ざっています。
Alt Futur
Announceはありますが、以下の二次差分は修正packageに未収録。
  • [HARD DANCE] Pattern:CYAN // Announced URLが間違っているのでusersはご注意を。
  • [NEXT-]&[NEXT] Pattern:Sar
  • [faux avenir] Pattern:バンバン譜面作成マン
  • [Fieber] Pattern:バンバン差分作成次郎
Sira Stella / dj koishi
以下の変更は、Package収録期間外につき、修正差分packageに未収録。
  • 、図表が二つ追加されました。
  • 「あとwavが24bitとかになんかなってたみたいなのも修正しました」とのことで、書庫を再びdownloadしてみましたが、いまのところ書庫の内容は未修正版のままのようです。

私が把握できた差異は前述の通りです。さほど念を入れて確認したわけではないので、見落としがあるかも。

背景画像による擬似傍点

  • 青空文庫の傍点は、日本語の等幅書体を前提に、背景画像のrepeatによって表す。
  • カクヨムの傍点は、機械変換によって各文字をspanで包み、no-repeatによって傍点一個を表す。
background-imageによる擬似傍点と、text-emphasisと、W3C HTML5 ruby要素の競合例:

れいのあのひと
れいのあのひと
れいのあのひとYou-Know-Who

れいのあのひと
れいのあのひと
れいのあのひとYou-Know-Who

れいのあのひと
れいのあのひと
れいのあのひとYou-Know-Who

background-positionmarginpadding方向をtop right bottom leftで決め打ちしていると、書字方向の変更時に面倒。とはいえCSS Logical PropertiesはいまのところFirefoxしか実装していないので(非標準名の同機能はWebKit/Blinkにもある)、IEやMS Edgeでも擬似傍点を出したいならこの方法で頑張るほかない。

  • 青空文庫の方法では、かんぎゃくほしいままにす』や『IE8』などの非等幅な状況で傍点がずれる。
  • カクヨムの方法では、傍点一個につきspan一個が必要。機械的な変換ならまだしも、手打ちでは論外。
  • どちらの方法も文字色や背景色や文字sizeなどの変更に弱い。text-emphasisを使えるなら迷う余地なし。

背景画像は設定により印刷されない場合がある。画像に傍点を打てる利点もある。例:

  • 咜(画像に対する、背景画像による擬似傍点)
  • 咜(画像のalt属性値に対する、背景画像による擬似傍点)
  • 咜(画像に対する、text-emphasis
  • 咜(画像のalt属性値に対する、text-emphasis

Firefox 45を使用される方はCSS圏点を有効化してみましょう

about:configなどからlayout.css.text-emphasis.enabledtrueに設定すると、圏点が表示されるようになります。このupdateによって、主要なbrowsersのほとんどがCSS圏点をsupportしたことになります(Trident (IE), EdgeHTML, old WebKit (E.g. Midori), Presto (Opera 12.18 and lower)などを除く)。

るびRubyけんてんを同時に表示できるbrowsersは、いまのところFirefox 45以降だけです。この日記はちょっと細工しているので、Blink (Chrome系)でも両方が表示されているはずです(ただし表示は崩れています)。

一部の日本語小説投稿siteでは圏点を指定できるようですが、私が見たところCSS圏点WHATWG HTML Rubyによる実装です。したがって、IEやMS Edgeでも傍点らしきものが表示されるし、CSSが無効の状態でも傍点らしきものの残骸が表示されますが、読み仮名と傍点を同時に割り振るような指定はできません。追記・訂正。青空文庫カクヨムは、CSS背景画像による擬似傍点を用いていました。

どくだんじょうって本当はどくせんじょうなんですってね、おじさん知りませんでしたよ。

だいいっぽを ふみした!

既に修正されましたが、Taken The First Step#RANDOM構文に誤りがありました。

BadGood
#random 2
#if 1
#00101:01
#end
#if 2
#00101:02
#end
#if 3
#00101:03
#end
#endif

#00111:XX
#random 2
#if 1
#00101:01
#endif
#if 2
#00101:02
#endif


↓omissible
#endrandom

#00111:XX

BMIIDXView2015 v3.03の分岐閲覧機能([F1] TREE VIEW)で未修正版を開くと、こんな感じでした:
妥当でない入れ子構造として解釈されていました。

  • HDX/IIDXvは、分岐の枝の終端に達する前に次の枝を見つけると、入れ子とみなして階層化します。
  • LR2やruvitは、分岐の枝の終端に達する前に次の枝を見つけると、現在の枝を閉じて次の枝へ移ります。
  • LR2やruvitで、分岐の後方に「分岐の外」を記述する場合、最後の枝だけは#ENDIFを省略できません。
  • BMX2WAVは、#IF#ENDIFが組になっていない図表を構文違反として検出し、変換を中止します。

LR2やruvit以外の最近のBMS appsは分岐の入れ子をsupportしているので、入れ子版を書いてみました(Example of nested #RANDOMs)。書いてから気がついたけど、uBMplay 1.5.2でしかまともに検証できません。

  • feeling pomu 2ndやnanasigroove ver.1.552は、動画形式をsupportしていない。
  • HDX/IIDXvは、動画の複数読み込みをsupportしていない。
  • Angolmois/Sonorousは、WMV形式の動画をsupportしていない。
  • BGAEncAdvanceは、私の64-bit Windows環境でHuffyuv codecをどう設定すれば正しく変換できるのか調べるのを忘れていた。いちおう変換できたけど、framerateを最高値360に指定してもちらつきが酷い……

りりくろLily Clock」は、filesの定義を分岐内にまとめることによって、resourcesの不要な読み込みを抑制します。BMS/BMSONのpackaging仕様(?)でそのあたりがどうなるのかに関しては、多少気になります。

sight”に関する雑感

著者ご自身が明かす翻案元」から、推察される意図は以下の通りです:

  1. Playersに対する聴覚的なhint(BGM)を、楽曲の側から封じます
  2. Playersに対する視覚的なhint(図表のscrolling)を、停止・加速によって封じます
  3. Playersの耳と目を塞ぐことによって、timingの指標を彼ら自身のうちさせますいださせます

Playersは読譜solfègeによって正しいrhythmを導き出すことができます参考)。Scrollingをもてあそ図表としては珍しく、rhythmが見た目通りに鳴らされます。様式Genreとしての説得力を備えた最小限の音構成は、scrollingについて尺取虫のような辻褄合わせを可能にします。最後の小節だけは制約から解き放たれますが、pattern自体は既出なので最低限の手掛かりは残されています。

on LR2 (HI-SPEED: none)
#001#051#056
1: kick, 3: bass, 5: snare. 1: none, 3: bass, 5: none.

視覚的なhintsは絶無ではありません。HI-SPEED倍率がx1.00前後なら、#050#057Print Screenを狙い押せる程度にはnotesを目視できます。Bemuseなら“EARLY/LATE” navigationによって打鍵timingを補正できます。視覚的な逃げ道が残されている事実は、後述の問題を勘案するとむしろ僥倖だったかもしれません。

しろいおばけ」ではtargetが通過するつどhintも再提示されますが、#050#057では仕切り直す機会は訪れません。したがって演奏された音は「聴覚への信頼できないhint」に転化し、そのまま放置されます。幸か不幸かbass.wavは目立たない音なので、rhythm-keepingに関する負のfeedbackは少量にとどまります。しかしここでは「音を楽しむgameにおいて音を聴かないほうがはかど」という転倒が生じています。

私見では「耳と目を同時に塞ぐとどうなるか」という極点を示したところに、この作品の意義を感じます。“sight”以降に目押し殺しを試みる図表著者にとっては、前述の問題も含めて大いに参考になるに違いありません。ちょうどsevenscapeに対するnovaのように、伝言ゲームChinese whispers, broken telephoneが続くなら、私は嬉しゅうございます。

ついでなので

novaは珍しく「普通に遊べる」DRONEで、そうするための工夫が見どころと思いました。同時押しを二個までに制限し、開始点のAttackが不明瞭なLongNotesにはcrescendoを、LNの終了点には耳で分かるkeyup機会を、同時押しが効かない環境に対する救済措置としてのnon-LongNotesには「あぶりだされる打鍵感」という味わいを与えた、巧妙な図表でした。“sight”も別のものをあぶりだす図表なので、関連して頭に入ってしまいました。

余談ですが遊戯性を割り切っていないDRONEとしては、BMSON package “the forgetalia“From Depression”も挙げられます(ただし同時押しが効く環境を構築する必要はあり)。今月頭からHTTPS接続ではforgetaliaに到達できなくなっていますが、かわりにHTTP接続は復活していたので、自分用にmemoしておきます。

On The Floor -Baltimore Club mix-が楽しいです。INSANE図表の文字通り取って付けたPianoは私を笑顔にします。NORMAL図表はrhythmの肝を的確に抽出していて、「自分が演奏しているはずの楽器の音の一部がBGMで勝手に鳴ることに関する違和感」をさほど感じさせませんが、BMSONなどで見てみたくもあります。

狡み乙女がとても好きです。このこってりした打鍵感!

DEAD DUB#039でcomboが切れる原因がしばらくわかりませんでした。(LongNotes終端「2+4」と、通常の可視notes「3+5」が、同一のrhythm座標上に置かれている。表示がLine-Halfである10keys図表の場合、左手側の可視notes「3」がほぼ見えない。)
sa10さんの何かのBMSに紛れていた謎の192分連打を見たときの驚きに似ていました(たしか修正済み)。

I'm garage!!の初版書庫に同梱されていたamazing_H.bmsって、もしかしてもう入手不可能なのでは……
[追記] のfull package (160312genreshuffle.zip)から入手できることを確認しました。

GENRE SHUFFLE 3

Full Packageのみならず、「修正や更新などの差分群のまとめ」も運営側が用意してくださっており、usersにとって非常に便利です。ただし版の修正差分まとめ書庫にはいくつかの問題があります。

  • [Takeshita] unawareness中身がありません
  • sugipamo - Reduplicate\未編集BMS\が文字化けします(UTF-8符号化文字列「未編集BMS」をCP932で復号すると「譛ェ邱ィ髮・MS」に化ける。この化けた文字列がどうしてかfilenameとして書庫に格納されているので、ZipExtractorなどでUTF-8を指定しても「未編雁EMS」として展開されてしまう)。また、個別の書庫と修正まとめ書庫を比較すると、内容は一致するにもかかわらずtimestampが異なります。

これらに関しては個別にdownloadしなおすほうが無難ですが、運営側は素晴らしい仕事をしています。大血戦(BOFU2015)非公式全曲packageにおけるモノクログリーン氏の裏方作業を、私はrespectしています。

Foo Ba Ba Candyは、#029からのGABBA-KICK同時押しが興味深いです。これはKEY音を軽くしてしまう禁じ手ですが、GenreがFUNKOTで、音がGABBA-KICKで、playersを反則技に注目させることができる状況なら、仕方ないなあこいつ、という感じ。ところでDPN図表は#087#094でKEY音がBGMでも鳴るのが惜しいです。

sightはBMS史に残すべき傑作のひとつです。LR2IRを見れば図表の意図は明らかです。私見では踏むべき手順が二つほど抜けていると思いますが、それを差し引いても傑作です。感想は後日書くつもりです。書きました

曇るかがみの霧を含みておよびWrathは、GENRE SHUFFLE 3への登録が予定されていたが登録されなかったようです。他にも遅れてきたBMSが存在するかもしれませんが、私はそれらを把握できていません。

日記

BMS関連

拙作BMS
bubble / hitkey
二次配布BMS
ノイズの海と鯨 / moka
PARTY TIME IN MY DREAM / HAIJI
BMSE非公式ヘルプ
Lite
Lite-online
Full
Full-online
buglist
iBMSC
Web (Japanese version)
issues
BMS差分
a­nal­gam
boléro
Ketch­up
quovadis
SELF
yellows
Do not use non-ascii filenames
雑多なメモ
bmsplayer data
bms benchmark
Secrets - Feeling Pomu 2nd
grid2sec
bmx2xxx
BMx Outliner
BMS command memo
BMS command memo (Japanese version)
BMS EVENT LITE
#RANDOM BMS list
BMS #OPTION command
BMS Bitmap test
Extended BPM
STOP Sequence
BMS Edge Cases
BMS extensions proposed by Sonorous (unofficial Japanese version)
BMS 2.0 (unofficial Japanese version)
BMS Editors

その他

HTML関連メモ
Dakuten on HTML
nest1000
EVS
Nervous Cascading
Source Han Sans test
User-Agent String